ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

裏鍋谷峠 自己記録更新。

堺浜行くか悩んだが天気予報見て南の方が安全ということで鍋谷峠へ。

伊吹山後はローラーで5分MAX×5本をやってみると、5.5~5.7倍が出るようになったのでVO2MAXの向上を実感。

というか戻ってきた感じ。(鵞足炎起こす前は5.5倍以上が出ていた)

峠に向かっているときに右膝にやや違和感でたので立ち止まる。

レーパンのパッドが分厚かったので、サドル高が高くなり膝が伸びて内旋しやすくなったのだろう。

ということで鍋谷峠を登ってから調整しようということでとりあえずそのまま登る。

鍋谷峠 19分11秒 5.15W/kg

前半頑張り過ぎて後半やや失速したが、後半も持ちこたえれば18分台いけそう。サドル高い方がやはりパワーは出やすい。

同時に違和感や痛みにも繋がりやすいけど。

今度は和歌山側から(いつもの下りきったところ)登り返して28分ジャスト、4.74W/kg。

風が少し強かったので勾配が緩い序盤頑張ればもしや・・・ということで2本目は最初からL5で。

結果は26分52秒(STRAVAでは27分8秒)と自己記録更新。裏鍋谷峠も16分23秒と30秒ほど更新。

走るたびに改善されていくのが堪らない。この感覚は2年ぶりでやる気もUP。

下っているときに少し手や腕に圧迫を感じた。サドル高を下げたからハンドルが近くなったんだろう。

あっちを下げたらこっちも下げる。サドルの角度とかも。連動して動かさないと駄目だってよく分かった。

帰りはいつものお店で自転車をメンテナンス。ついでにハンドルもスペーサー1個分下げてもらう。

かかりつけ医と同様、信頼できるメカニックを見つけれたのはホントに幸運だ。

17903914_1702026643148116_2673375238285031240_n.jpg
  1. 2017/04/15(土) 17:44:35|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイオニア ペダリングモニターの利点

日曜日 舞洲クリテリウム応援&挨拶。

自チームはE3で6位が一人。18歳の少年でうちのチームで一番の期待星。

脚の筋肉の付き具合からして相当乗り込んでいるはず。今後が楽しみな逸材。

当の自分は今週仕事が忙しくってあまり乗れず。

ローラーでなんとか100TSSを2回、90TSS1回。

内容はZWIFTのメニューで20分走×2本を2日連続、昨日は20分走1本。

結果は

274W(154/163拍)
279W(160/167拍)

288W(159/169拍)
287W(163/173拍)

291W(168/177拍)

強度の上げ方としては理想的な右肩上がり。
ペダリングバランスが左右差でており、左が10%程弱い。バランスを同一にすると出力増加するだけに勿体ない。
原因はベクトルを見れば一目瞭然で、左股関節の柔軟性が悪く引き足時に抵抗が生じているから。
意識すれば戻るけどそれをし続けるのが難しい。
でもその僅かな出力をあげるだけでも鍛錬が必要だから、こういう部分を治すだけでも劇的に速くなる。
パイオニアペダリングモニター、こういう使い方ができるから便利だ。
  1. 2017/04/08(土) 06:45:01|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和歌山方面160kmちチームアテンダント講習

3月11日(土)

和歌山方面160km TSS360。

5か月ぶりの鍋谷峠を越え、南下して紀美野町~かつらぎ町~高野町をぐるっと迂回するように走る。

久々の鍋谷峠でしんどい。10分と20分の登りは全然違うかった。少しハンドルが低く感じる。

昨年よりサドルが1.5㎝高くなっているので、その影響でハンドルが低く感じるのだろう。

ステムも120mm12度ではなく6度に変えた方が良いかもしれない。

鍋谷峠のところで工事していた大阪と和歌山を繋ぐ道が今月末ついに完成し、新しい道ができると鍋谷峠が旧道になる。

そうすれば車も通らなくなってますます自転車乗りの聖地になりそうだ。一車線だったのでより安全になる。

和歌山方面に入って最後のコンビニ休憩後は一定ペースで淡々と。NP240~250Wくらいで1時間弱。

高野山麓でやきもちを5個買い、その場で焼いて食べる。

大阪側へ帰ってから昼飯をガッツリ食べ、エコサイクルへ寄って帰宅。

4000kal消費カロリーしたけど、多分それ以上に食べたかもしれない。

懸念していた膝の痛みも大分マシになった。漕ぐ時の悪い癖が治ってきたのかも。

以前よりも力強いペダリングができるようになれると思う。

17155172_1655407401143374_9086256706301878232_n.jpg


珈琲にはワッフルが合う。ココナッツオイル入れて飲む。
17190964_1655403221143792_4882864195964153778_n.jpg


3月12日(日)


アテンダント講習会でアウィーナ大阪。

9時~17時までみっちり講習受けて(少し早く終わったけど)テストも合格。

これで単騎参戦でもレースに出れるようになるかな。



  1. 2017/03/13(月) 07:24:30|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月 初めの走行

2月11日

8時頃出発、牛滝麓まで行ったらスタート地点にある温度計は0度表示。

5本登る。

12分23秒 268W 162拍
11分42秒 276W 163拍
11分51秒 280W 164拍
11分14秒 294W 169拍
11分21秒 291W 171拍

下りは寒い。。。

帰宅後は着替えて午後から買い物。

買うつもりなかったけど、朝下りながら思ってた冬用のウインドブレーカー無いなぁとか、限定版というマジックに惑わされて買ってしまった。

H1-17_Classic_Rain-Jacket_Collectors_Edition-2-1024x1536.jpg

カッコいいから後悔してない。


2月12日

新チームの顔合わせで堺浜ライド

ということで9時半に堺浜へ。

10人くらい集まって挨拶。本当に誰も知らない。共通の友人もいない。完全にアウェーなところに飛び込んだな自分。

自己紹介して堺浜を計8周。

どんどん強度があがって最終的に3人が残った。

1人は大学生、もう一人はアヴェルでもよく名前を聞いてたS氏。そして自分。

完全に鵞足のことなど気にせずアゲアゲ。

走行後、少し鵞足に違和感。後のカーニバルとはこのこと。

前夜、溝端さんにも厳重注意されていたのに強度あげてしまった。反省。。。

一緒に走ると楽しいんだけど強度上がるから、鵞足によろしくない。

もう暫くはお一人様かな。

沖本さんも居たので、久しぶりの2ショット。

5180.jpg


自転車のだけど。

同じTIMEが揃うことはホント珍しい。
  1. 2017/02/12(日) 21:32:32|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄対策 最後の追い込み

7時にペダルの山本さんと合流し、和歌山方面210km

以前から変わったところはサドルを少し上げたくらい。

最初の鍋谷峠からいきなり全開。第1、第2計測地点もベスト2位に迫るタイムでこれはイケそうと期待。

しかし、後ろから激しい吐息が聞こえる。流石に千切ることは厳しいか。

最後は腰をあげて全力で出し切る。

鍋谷峠 18分39秒 NP324W 5.49W/kg 78回転 171/188拍

下りは余裕で先に行かれた。登りで得たアドバンテージも簡単にひっくり返されてしまうくらい下りは苦手。

それから新調したミシュランパワーのタイヤ、濡れた路面では滑りやすくって怖かった。登りでも後輪何度か滑ったし。

和歌山側に入ってからは前回のこともあって省エネモード。終始付き位置で走らせてもらうことに。

黒沢峠を登った後にスーパーで休憩。つぶあんパンとオニギリ2個補給。持参してた羊羹とマグオンも食べる。

休憩後はアップダウンしつつ登り70km。

途中で腰が痛くなったのでストレッチしたり下ハンもって背中伸ばしたり。

時々ある短い登りは300W以上、時に400W近くで踏まないと千切られてしまう。

前回千切れたところは耐え、ひたすら着いて行ったが残り5kmくらいのところでやはり千切れてしまう。

付き位置でも千切られてしまった。現状の実力差を見せつけられた感じ。

あとは根性で走り続けて高野山へ。 補給はオニギリ1個とたい焼き。

解散して帰路は裏鍋谷峠をゆっくり登ってると自宅まで残り15kmくらいのところで痛恨のサイコン電池切れ。

ナンテコッタイ/(^o^)\

距離210km 獲得3000弱 消費カロリー5000kcal TSS430程

45447.jpg


沖縄はチームジャージで出場したいが、サイズが小さくって胸周りが苦しい。実業団レースならともかく、長時間は耐えれる自信がないので、他のジャージで行こう。レーパンのパッドは気に入ってるんだけど…
  1. 2016/10/30(日) 06:59:27|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尻の痛みで途方に暮れる。

14650690_1479198908764225_1833407896386956030_n.jpg


岩城さんとロング150km 獲得2000↑

鍋谷峠経由で和歌山へ。紀美野町からかつらぎ町~高野町と走るルート。

事前に伝えて終始自分の先頭固定で走ることに。

鍋谷峠の下りで物凄い速さで下っていく人が居たが誰なんだろう。プロと見間違うほど速かった。

初めの休憩は有田川と高野山の道案内がある分岐点のコンビニで。ここまで約62kmくらい。

そこで御握り×2とつぶあんぱんを一袋。

そこから先は50km程の緩い登りをノンストップ。笠田のコンビニまで休憩無し。

最後は裏鍋谷を登って雨降る前に解散へ。


距離を走ると途中からお尻が痛くなってどうしても踏めない。毎回痛くなる。

痛みだすと気になるし、だからといってダンシング多用してるとなぜか右の腰が痛くなる。

どうしようもない痛みにただただ耐えるだけ。

最初は心肺機能や筋肉がしんどくて辛そうな表情だが、後半は尻の「痛み」を耐える苦痛に耐える表情になっている。

その状態になると踏めないので心拍もかなり下がる。もちろん練習にならない。

昔からロングはあまり速くなっていないが、一番の原因がコレ。

解決しようと色んなサドル試したし、昨日クローバーバイシクルにいって体圧測定フィッティング受けた結果、自分に合うサドルは少ないかもしれないとも宣言された。

痛みを緩和するためにサドルを低くすると今度は漕ぎにくくなる。逆に高くすると漕ぎやすいが痛みは増大。

前下がりにすると座骨が痛みやすくなり、前上がりにすると尿道が痛くなる。

ほんとにどうしたらいいのか…。

ついでに右脚の偏平足のキツさにスゲェって感嘆までされた。

沖縄210kmもこのままでは途中でお尻が痛くなって踏めなくなって集団に置いて行かれて完走かDNFになってしまうのが目に見えてる。

  1. 2016/10/22(土) 22:35:35|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄対策210km

朝6時15分発 7時に大野町交差点で合流して鍋谷峠へ

相手はペダルの山本氏。

気温は7℃。

彼はスタートから15分程ずっとダンシング。タイムはほぼ同じで19分43秒

そのまま和歌山側へ。少し進んだところでコンビニでトイレ休憩。

少し走ったところで道はいかにも山というところに。

黒沢峠を20分程で登り、スーパーで買い出し&休憩。

ここから先は高野山まで休憩なし。ノンストップ。

緩やかな登り道をひたすら70km。前半はイイ感じのペースで時々おしゃべりしながら走ってたけど、後半になってから激タレして離される。尻も痛い。

ついには山本氏も視界から消え、一人で200W以下で走り続ける。

何度か待ってもらったけど長い坂道の度に距離が開いていき、高野山まで8.5kmの看板が見えたときはほんとホッとした。

高野山到着後、彼はそのまま下ろうというがボトルが空っぽだったのでコンビニへ寄ってもらうことに。

帰路は道が違うので高野山をくだったところで解散。

帰りはボロボロで全然速度が出なかったのはいうまでもない。15時半頃帰宅。尻崩壊。

走行距離210km 獲得3186m TSS408

山本氏強すぎる。しかも自分より17歳も年上という…

14718707_1471485159535600_978448617128100703_n.jpg
  1. 2016/10/15(土) 20:30:22|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ