ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

富士ヒルクライム 年代別7位

前日
東名で車が宙を舞ってバスに突き刺さった例のニュースで通行止めだったので迂回して富士山へ。
6時過ぎに出て6時間後の14時半頃到着。
昼飯はSAで
19029741_1772757726075007_6815483263755197782_n.jpg


会場で受付後にブース回り、富士山のコース下見
これが欲しかった。。。
DSC01875.jpg

メルセデスベンツも良かった。でも800万は無理。
DSC01860.jpg

夕飯はガスト。
19113798_1772757702741676_3082188705623990994_n.jpg


風呂入って夜は9時半に就寝。でも枕が合わず…

当日
3時45分起床 5時半頃会場入り。
適当に走りつつ5分くらいの登りを2本 それぞれ5W/kgくらいで走って心拍を上げる。
19029323_1772757656075014_5803389476622256126_n.jpg


レース
1.5kmのパレード区間で先頭までいく予定だったが、人の多さで全く抜かせず想定外。

渋滞を抜けてからは快走で飛ばしていく。

ずっと一人で走っているつもりだったけど、何人か後ろに着いてきてて気が付いたら6人くらい居てた。

そこからはローテーションで。

前半30分あたりから腰を痛めてパワーダウン。脚より先に腰が駄目になってしまった。

20分程度の登り練習ばかりでそれ以上姿勢を維持しつづけることが少なかったからかな。

上にいくにつれて足の合うものが増え、10人くらの小集団になる。

最後は平地で走ってる時に先頭交代を促したが、誰も変わってくれなかったので最後まで曳き続ける。

ゴールが見えるストレートに入ると何名かが飛び出してきたから自分も全開で。

その小集団の中で4番手くらいでゴール。

1時間4分27秒 年代別7位

1時間3分で走れる目算だったので悔しさが残る。
でも最低目標の1時間5分は切れたので良かった。

レース後に割れたスピードプレイのCリング。レース後に壊れるとは空気の読める子だ。

19030621_1772757569408356_530159678015061533_n.jpg


五合目は前日と違ってそこまで風も強くなく、ウインドブレーカーとジャージのパンツで十分耐えれる気温だった。

19030376_1772757589408354_162610205037373603_n.jpg

グローブも薄手のもので十分。

下ってから吉田うどん食べて時間潰しながら表彰式を途中まで参観。

帰路は御殿場ICで事故渋滞、抜けるのに1時間近くかかり、なんだかんだで帰宅は23時に。

来年は出れるなら選抜クラスで、1時間2分台を目標にしよう。
  1. 2017/06/15(木) 07:19:28|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チーム合同練習後、牛滝TT自己記録更新

合同練習で堺浜へ。

しかし、フェスやってて車やバスが大量に走ってたのでコースの半分はゆっくり、半分本気。

安全面考慮して3つのグループに分かれ、自分は中川さんと同じ7人くらいのグループで走ることに。

バックストレートのところで47~50km/で走ってるとどんどん千切れていって最終的に残ったのは自分含む3人。

3人は先週堺浜で一緒に走ったメンバーだった。

なんだかんだで車も増えてきて走りづらくなってきたし、8周走って切り上げ。

解散後は疲れも溜まってなかったので一度帰宅してご飯食べて休憩してから牛滝TT1本することに。

河合坂でKOM狙いで走るが赤信号で中断。

本番の牛滝TTは前週は10分14秒だったので今回もそれを超えるつもりで。

牛滝TT 10分7秒 322W(5.6W/kg)

自己記録更新‼

心拍はベルトつけ忘れたので数値は不明だけど恐らく平均95%くらい。

走ってる最中何度も中断しようかと悩むくらいキツかった。

帰りも河合坂(逆)を本気のKOM狙いで走るが、計測区間を勘違いしてて2秒足らずでKOM逃す。

2分28秒を400Wくらいで走れば取れそう。今日は2分46秒399Wだったから区間確認してから走れば多分次は取れそう。

18423748_1738019106215536_2528018551106769858_n.jpg
  1. 2017/05/14(日) 22:19:18|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベックオンフェスタ

ベックオンフェスタ

レースが15時15分からだったので朝はゆっくりできる。

9時半頃出発して12時半には能登川駅到着。スーパーで腹ごしらえして会場入り。

レースまでの時間は試走とブース見てからウォーミングアップ10kmのみ。

時間が来たのでスタート地点へ。最後尾に並ぶ。C3 10周 16km

レース トップから3秒遅れの集団ゴール 16位

コースが狭くなかなか追い上げれない。最後尾を走ってるといきなり中切れが起きる。

1周の間に3回は中切れされ、ブリッジ(追いついたのが自分だけの場合はブリッジとは言わないかも?)
2周目も2回中切れされてまたブリッジで結構キツかった。
3周目から楽になって(中切れする人が居なくなって)集団の最後尾で楽に走る。

残り3周になったところで先頭へ上がろうとするが、狭いコースと集団が固まってて縦に伸びなかったので隙間が無い。

端から上がろうとしたけど前方にフラフラ走ってる人や時々脇にはみ出たりと、あまりに不安定に走ってたので危険を感じて突っ込めず。(自分の集団走行のスキル不足が大きな原因だけど)

なすすべないまま最終周に入り、平均時速は40km/hから46km/hに上がり、それでも集団が縦に伸びなかったので最後尾にくっついたまま集団ゴール。

何もしなかったレース。

脚もあまり使っておらず、後悔しか残らない結果に。

もっと序盤から単独で抜け出して逃げることも考えたが、さすがにそれは自信無く。。。

17539.jpg

その後はC1&C2のレース観戦、大抽選会で何も当たらず、手ぶらで帰ることに。

イーストンのホイールは欲しかったなぁ。
  1. 2017/05/01(月) 07:19:47|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JBCF伊吹山ヒルクライム 短縮コース

天候不良で短縮コースに。10.7km 獲得約800m

当日入りで関ケ原駅に10時半頃着き、チームメイトと合流。

駐車場のメナードランド跡地は泥だらけだったので走る前から自転車は泥だらけに。

準備、サインして12時半過ぎからウォーミングアップ。坂道で400W近い出力で数本、下りもハイケイデンスで。

13時に並びに行ったらすでに半分くらいが並んでいた。

13時半 スタート

開始と同時にハイペースで体重の5.5~6倍ペース。先頭はSEKIYAの中村氏の姿が。

どんどん縮小していくなかなんとか先頭集団に喰らい付く。心拍をみたら93%をマーク。

明らかにオーバーペースだったので、6分後に集団から千切れて見送る。

あとは上からふってくる人をパスしていく。今回ダンシングはほぼせずシッティングオンリー。

途中で抜かした弱虫ペダルの人にだけ再度追い抜かされたけど、それ以外は誰にも抜かされることは無かった。

途中である平坦コースは風もつよく、3人パックで走っていたときはローテを促したけど応じてくれず。

ゴール前の直線で踏ん張ったがタイム差1秒以下で追い抜かせず。

あ、下ハンダンシングでもがくのを忘れていた…。そうすれば平均50W以上UPするのに。

32分23秒 E1 16位 NP303W 178/186拍 93.7回転

練習通り体重の5倍維持することが目標だったので、結果的に5.1倍(299W)で目標は達成できた。

2月から鵞足炎が治って練習してきただけに1か月弱でここまで戻せたんだから充分すぎる出来だと思う。

次のヒルクライムは富士山。今度は50分5倍を目標にする。

17761066_1693304950686952_8921388646635252159_o.jpg

  1. 2017/04/10(月) 20:18:35|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017参戦予定レース

2017年参戦レース予定

ざっと計画を立てよう。

2月
堺浜クリテリウム(2/4)
堺浜クリテリウム(2/25)

3月
なし

4月
JBCF伊吹山HC(滋賀県)
ベックオンカップ(滋賀県)

5月
JBCFふじあざみラインHC(静岡県)
美山サイクルロードレース(京都)←仮
鈴鹿エンデューロ(三重県)

6月
富士HC(山梨県)
ツールド・美ヶ原HC(長野県)←NEW
パナレーサーカップ(滋賀県)

7月
西日本ロード2day(広島県)
乗鞍スカイラインHC(岐阜県)

8月
鈴鹿エンデユーロ(三重県)
乗鞍HC(長野県)

9月
大台ケ原HC(奈良県)

10月
JBCF輪島ロードレース(石川県)←NEW
JBCF大星山HC(山口県)
JBCFしゅうなんクリテリウム(山口県)

11月
ツール・ド・おきなわ(沖縄県)

全20レース予定。
初レースになるのはツール・ド・美ヶ原HCと輪島ロード。

クリテリウムは集団走行や位置取りの練習目的で。
メインはヒルクライムで最も重要度が高いのが8月の乗鞍HC。1時間切りが目標。
ロードレースはもちろん沖縄がメイン。ラストレースで目標は210kmで30位以内。
  1. 2017/01/22(日) 23:41:16|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JBCFしゅうなんクリテリウム

レース後は移動して不具合の原因を見てもらうために自転車屋と徳山駅の宿へ。

夜は徳山駅の商店街へ行ったけどほとんど人がいない。一番人が集まりそうな曜日、時間なのにほんと少なくって吃驚。

晩御飯は豚焼きの定食。回復食には豚肉が適している。

22時半には就寝。

6時頃起床、準備して8時半出発。

会場到着後は白井さと合流、軽く話して準備、レースへ。

レース:E2 30周回 24km 18位

1周800mとコンパクト、ゴール前の直線が非常に短いコース。最終コーナーの手前で先頭に居ないとほぼ勝てない。

集団から千切れるとあっという間に足切りになりそう。インターバルがかかるのは最終コーナーくらい。

序盤は集団の最後尾で静観。というかエンジンがかからなくってどうしてもパワーが出ない。

10周した頃には集団最後尾に居て全てを見ていたが、周りも何人か千切れていってる。

15周した頃に目の前で救急車が来るレベルの落車発生。最後尾にいたおかげで回避。

ラスト3周で最後尾から前にあがろうとするが、インから行ってたせいでコース塞がれ、失敗。

ラスト2周で今度はアウトから先頭へ行くが、コーナーで想定ライン通りのコースを走れず大きく膨らんで失敗。

またもや最後尾に戻ってきてラスト1周は、集団のペースがあがってとても追い抜かせる状況じゃなくって着いていくだけ。

16位以降は完走ポイントだったので、無理と判断してからは流してゴール。

レースは完走だけど、内容としては余裕をもって走れてる状態だった。

平均心拍/最大心拍が168/180とクリテリウムにして低い。ただ最後尾にいつづけるのは良くない。

良くないと思いながらも集団内よりも安全だからどうしてもそこに居てしまう。これはなかなか改善できない。

また来年も大星山&しゅうなんクリテリウムに参加しよう。
  1. 2016/10/08(土) 06:58:34|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JBCF大星山ヒルクライム

山口県で2日間のレースで初日は大星山ヒルクライム。

今回SWかRXRSどっちで行くか悩んだけど、翌日クリテもあるのでSWを選択。ホイールはR-sys SLR

前日は柳井駅近くのホテルに宿泊。駅から徒歩5分だけど土砂降りで持ち物はずぶ濡れに・・・。

翌朝に本田君と合流して会場へ。

アップ中に雨がザーってきたけどスタート前には止んでくれた。

レース:7km弱 22分15秒 4.9倍 NP303W 75回転 178/191拍 

スタート直後から集団は盾に伸び、緩やかなアップダウンを走る。

5分程して登りが見えてきてそこで先頭へジャンプアップ。

そのままインナーに入れて走ってるとリアが勝手に変速しだして何かおかしいことに気付く。

ロー側3枚にギアチェンジすると勝手にTOP側へいこうと何度も変速するみたい。

なので走行中にジャンクションを触って調整してみたけどどうにもならず。

仕方なくロー側3枚は諦めて4枚目の21Tをファイナルギアとして使うことに。

20%を超える激坂も36×21Tでゴリ押し。効率悪いけどダンシングも多用。

最後の登りはもう脚パン状態でパワーでなくって大失速。

前方から一人降ってきたけど、追いつけずゴール。4位。 3位の彼はゴール近く?でパンクした様子。

このレース、今回はただの筋トレだった。

序盤は2番手でペースよく走り続け、確実に昇格できる感触があっただけに非常に悔しくなった。

このままではあまりに悔いが残るので、来年また来てリベンジしよう。

山頂は霧だらけ。

14517384_1455923887758394_825061804574241679_n.jpg


下山したら晴れてて暑いくらいだった。

地元で女子高生からインタビュー受けたり、その後は自転車の不具合を見てもらうために自転車屋へ向かったり。

2日目に備える。

  1. 2016/10/03(月) 07:35:29|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ