ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

2016 ツール・ド・おきなわ 210km

【準備編】

練習で痛めた膝が治らず自転車に乗れない日々が10日。
整骨院で電気治療にテーピングしてもらって湿布を貼る。
階段から降りるだけでも大変な状態だった。
レースまでほとんど乗れずぶっつけ本番で望むことに。



【前日編】
始発の関空〜神戸間フェリーに乗るために5時半発の電車に。
その為には4時半起。
15032845_1504054119612037_8780920545425697617_n.jpg 
7時過ぎに神戸空港で2人と合流。
荷物が多くて自転車も含めて20kgくらい?
運ぶだけで筋肉痛なりそう。


沖縄には10時半頃着。さすがに暑い。
レンタカー借りて名護市へ。

途中ある卑猥な名前の公園名に大喜びする○田さん。
DSC00890.jpg 


会場着いて受付して自転車組み立ててチェック。
昼飯はガストで、豆腐サラダと温野菜。


食後は車でコースの下見へ。さすがに車でも時間かかる。

名護市へ戻ってきたら私だけ軽く刺激入れる程度に走る。

うーん、サドルが低く感じる。

晩御飯はガストの向かいにある大戸屋で。鳥の鍋野菜定食みたいなのを。


かりゆしビーチリゾートにチェックインした時間は20時半頃。

大急ぎで明日の準備と風呂入って寝たのは22時半過ぎ。

【当日編】
4時50分頃起床。睡眠時間は5時間半弱。眠すぎる。
コンディッションは最悪。
荷物が多すぎて腕が見事に筋肉痛になってた。


朝食はオニギリ4個とあんぱんにコーヒー、ヨーグルト。
準備して直前だけどサドルを少しだけ上げる。これが後に大きな失敗になることになろうとは…

5時半に出発して着いたのは6時。岩城さんは140km組なのでここで別れる。がんばれ岩城さん。
すでに210km組も並んでてリュック背負ったまま慌てて並ぶ。
並びながら準備してリュックはシード権ある利田さんに渡してまとめて預けてもらう。利田さんありがとうございます。

途中でお腹に違和感あったのでトイレにダッシュ。
朝起きたときも下○ピーだった。
すぐに戻って並ぶ。やはり後ろになってしまった。


【レース編】
補給食は以下
15055703_1504067979610651_5177891232756076340_n.jpg 

7時47分スタート
天気は快晴。

序盤70kmは集団落車が起きやすく密集度も高いので非常にストレス。
案の定落車が何度か発生。
特にホテル前の大きな落車が起きたときはコースが全部塞がれて集団が完全に分断。
後ろに居た自分も巻き添えを食らって完全停止。
追いかけるだけで脚を使い、もう後ろ見たらバイクや車しかない。
ここが最後尾か…

度ある加減速で脚を使いすぎたのかテーピング+ロキソニンでも膝の痛みが再発。さらに滅多に攣らない脚が攣る前兆。水不足というより直前に更にあげたサドルが影響したか? 脹脛の筋肉ばかり使ってしまっている。
ハムや臀部と違い脹脛は長くは持たない。
これはヤバイ…

もう序盤に諦めて本気でリタイアを考えた。尿道も圧迫されてて痛い。踏めない。

せめてフンガワダムの頂上までがんばろう。そう言い聞かせながら騙しだまし走り続ける。ロキソニンを飲む。途中で脚が攣る。これは絶対サドルあげたのが原因だ。
頂上まで着いたら次は下り。もう少し走るか…
なんだかんだで走ってるとバラバラになってた人たちでパックができたのでその中で走ることに。
100kmまで走れば諦めよう。諦めてDNFにしよう。
走り続けてるとマヒしたのか少し痛みが和らぎ、二回目の140kmまで走ろう…だんだん距離が延びてきた。
時々脚が攣りそうになる。


2回目のダムの登りもサイクリングペースで登り。
膝はもう痛すぎてマヒしてる感じ。
シッティングだと脹脛が攣りそうになり、ダンシングだと膝が痛い。
交互に織り交ぜる感じで走っていく。
残り60kmくらいで集団が大きくなり、登りのたびに何人か千切れていく。
扁平足の右脚裏が痛い。少し痺れてる。左は問題ないんだけど。

そんなこんなで走って羽地ダムの近くに来たら集団はバラバラに。途中で右脚が攣る。
ダンシングでかけあがっていくが、サドルに座って少し漕いだら左脚がまた攣る。
しばらく漕げない。
最後はイオン坂を過ぎたあたりでまた右脚が攣る。
ここまで攣り続けたのは人生初めて。もう意味が分からない。

6時間11分 133位。
トイレは一度もなし。
全部汗で発散されたみたい。
15107296_1504054029612046_2144651830350196054_n.jpg 
2回目の沖縄は苦痛の連続。おかげでメンタルは強くなったかもしれない。


レース後は無料でふるまってもらった豚汁とご飯にロコモコ丼を食べる。


夜は沖縄料理の居酒屋で片っ端から注文。
DSC00852.jpg DSC00853.jpg DSC00864.jpg 

来年に向けて雑感


荷物が多すぎた。
大阪と沖縄で寒暖差あったが、羽織るものが一着あれば事足りそう。
ズボンはジャージあれば便利。下にコンプレッションソックスも履きやすい。
かりゆしビーチリゾートで夕食食べるならステーキ食べ放題4000円を来年は食べたい。
ホテル近くにある沖縄料理の居酒屋は良かった。
沖縄遠征、レンタカーやホテル代など全部込み27500円。食費やお土産代は除くが、それを含めても+1万くらいか。エントリー代込で55000円でお釣りがでそう。
機材は問題なし。



さて、膝は痛めて大変なことになってるのでまずは治そう。
全治2週間くらいだろうか。もう少しかかるかもしれない。
その間はオフシーズン。
治ったら来年に向けてまたやり直そう。

  1. 2016/11/14(月) 22:56:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄対策 125km

14938219_1492529557431160_6251620239696838349_n.jpg 


先週の土日ライドで痛めた右膝がまだ癒えておらず、以降自転車に乗らないまま過ごした3日間。

5時半過ぎ起床。

痛みがまだ少し残っている。でもなんとかなりそうと思い準備。

7時に山本さんと合流して和歌山方面へ。

鍋谷峠 19分39秒 NP303W 5.1W/kg 173/180拍 84回転

先週程調子は良くなく、登ってて右膝が少し痛む。

いつもアウターで登ってるところを今回は早々にインナーギアに変えて負担をかけないように。

頂上は気温5度で流石に寒い。

先週と同じく付き位置で424号線を南下。膝がやはり痛い。

黒沢峠の橋を渡ったところで再び先頭に出てみる。

黒沢峠 橋から~山頂まで 10分55秒 NP310W 5.3W/kg 173/180拍 100回転

膝が痛かったので最初からインナーギアで高回転。ダンシングすると痛むので一切無し。

途中で山本さんを千切ろうと20秒程450Wまであげたがピッタリついてこられて失敗。

山頂で膝の痛みが悪化していたのでこの先進むのは我慢して引き返すことに。

山本さんとはここで解散。

帰路はゆっくり走って膝に負担のかからない62号線の犬鳴を通って大阪側へ。

丁度お昼だったので「のらや」へ寄って鶏南蛮注文。

46670.jpg 

125km走って帰宅。TSS266

痛めた膝を治すことに専念しよう。
  1. 2016/11/03(木) 22:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月サマリー

膝がかなり痛いので昨日も今日も乗らない日。

10月のサマリー

距離1420km
獲得17669m
カロリー34223kcal
走行時間:57時間

問題は沖縄にはRXRSとSWどちらで出るか。
自分の中ではRXRSのほうが走りやすくって気に入ってるが、落車のリスクを考えるとSWになる。
ところがSWはハンドル幅が39とRXRSの40とは1㎝違うことと素材もアルミ。ステムのサイズもRXRSの130に対してSWは120。
ポジションがかなり違うので決めることができない。
SWで最近200km以上走ってないので、一度試す必要があるかな。
  1. 2016/11/01(火) 07:41:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練習内容 15日~19日

ここ最近の内容

15日
RXRS ローラー 5分5倍5セット 脇腹痛くって抱えながら。4.7、4.8、4.9、4.9、5倍。

16日
SW 寝坊したので近くの牛滝へ向かうが、雨のため中断。レンタルサドルのアンタレスVSX試すが微妙。
33779.jpg


17日
RXRS 和歌山方面へ150km 以前利田さんと走ったコース。帰路の裏鍋谷で猛烈に尻(座骨)が痛くなって全く踏めず。シートポストを下げたらマシになったものの痛みは翌日も残ることに。拷問だった。まさしく行きは苦しみ、帰りは痛みに耐えるライド。サドルはROMIN。

18日 
剛ケツが崩壊のためお休み。レンタルサドルのファブリックを取り付ける。
34631.jpg


19日 
SW 鍋谷峠へ。登坂中に雨降ってきたので2本目は中断。サドルは座骨への刺激は少なく快適。しかし穴空きでないため尿道圧迫されて痛い。我慢できるが長くは持たなさそう。夕方はサドルをROMINに戻し、ブラケットの位置調整とバーテープ交換。大台ケ原で貰った参加賞のエンドキャップを取り付ける。

20日
SW 5分5倍4セット 4.9、4.9、4,9、5.4 のあと1分6.8倍、1分弱6.3倍、40秒6.8倍で〆
序盤はどうしても心拍上がらないんだけど3本目か4本目でやっと踏めるようになってくる。


機材面では

SW純正のシートポストもENVEのシートポストも角度調整しづらい上に不具合出てたので、沖縄対策も兼ねて快適性の高そうなシートポストへ変更。AG2Rが使ってるんだとか。走った感じは普通の変わらない感じ。(写真は上参照)


34960.jpg
アランデルのボトルケージもオイルスリック(ツヤあり)からオイルマット(ツヤなし)へ変更。ただのカラーリング変更なんだけど、もう一つ意味があって艶ありタイプは滑りにくく、ボトルが汗や糖分でベタベタになったときの出し入れが硬すぎて大変。
なので、同条件下でも出し入れのしやすいツヤ無しタイプへ。フレームと同じカラーリングになって見た目も良し。
地味なことだけどレース時に大変難儀してたのでこの機会に。



  1. 2016/09/20(火) 15:11:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大台ケ原ヒルクライム 年代別2位

前日

盛山君らと一緒に4人で車で。

13時半に拾ってもらって現地到着は16時半頃。

受付して宿は別々だったので、そこで別れる。

いつもお世話になってるSONICのメンバーと宿泊。

夕飯は他の宿泊者達とも一緒に食事。

レースの話で盛り上がったり、海鮮料理だったので自分は盛り下がったり。

食後は風呂入って21時には就寝。

ところが枕が合わなくって2時間くらい寝付けず。



当日

翌朝3時50分起床。

朝食に準備して荷物預けてアップ30分弱。スタート地点へ。

第5グループだったので最終スタート。勝とうと思えば追い抜かす人数は最大級。



レース:1時間14分45秒 NP273W 88回転 168/177拍

スタート直後、一気に先頭へ上がって一列状態の中で2~3番手。誰もあまり曳こうとせず交代してもすぐに先頭回ってくるので、少し進んだところでほぼ自分の先頭固定に。

1人が飛び出したけど、明らかにオーバーペースだったので放置。一定ペースで走ってると後ろは2~3人に。

飛び出した1人が失速したので追い抜かす。するとそこからまた別の1人が飛び出したのでこちらは追いかけることに。この時点で後続は全員居なくなった。

飛び出した彼との距離をどんどん詰めていったけど予想以上に追いつくのに時間がかかってしまった。

40分程して後ろを振り返ったが、第5グループのメンバーは見えなくなったので、グループ内では自分の1位は確実。

しかし、激坂区間は大渋滞過ぎて思うように進めない。

もはやレースどころじゃないレベルの渋滞。
前が詰まっててスペースが空いたら追い抜かそうと思ったけどペースがあまりに遅くってサイクリング状態になってしまう。先を急いでるのになかなか隙間ができず焦る。。。

何度も「通ります」と言って道を開けてもらう。50回くらい言ったと思う。

そうこうしてるうちに激坂区間の上の方までいくと人数がも減ってきたのでスムーズに走れるようになってきた。

そこからはペースをややあげて辻堂の分岐からのアップダウンも力強く単独走。

時々後ろについてくる人もいたが気にしない。

予定到着時間(1時間13分)から逆算して残り5分になったあたりからは体重の5倍で踏み続ける。

最後にポールが見えた時点で腰をあげてダンシングで振り絞ってゴール。

ゴール直後は目標タイムに届かず素直に喜べなかった。
来年は必ず1時間13分切ってやる。

山頂では色んな人と話したりしながらゆっくり下山。暖かくってメリノアーム&ニーウォーマーだけあれば十分。

やっぱり矢部さん、渡辺君は速い。山頂で彼らと話したが、サドル前乗り、ステムは短めだった。

登り速い人はこのポジションの傾向が多い気がする。

表彰式では気温高くて暑かった。アミノバリュー無料でふるまってたので3杯くらい頂いた。

宿では梨も2個頂き、レース後の軽食も頂き、最高だった。

また来年もここの宿に泊まりたい。

14330117_1436591333024983_6511626163767540573_n.jpg 









  1. 2016/09/12(月) 07:48:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の練習と雑感

今週の練習 雨降る詐欺でローラーばかり。

月 ローラー1h 5分5倍5セット 5倍、5倍、4,9倍、5倍、5倍

火 鍋谷峠2h 向かう途中でサイコンバッテリー切れ。タイム不明

水 ローラー1h 5分5倍5セット 4.7倍、4.9倍、4.9倍、4.9倍、5.1倍

木 ローラー1h 5分5倍5セット 4.7倍、4.9倍、5倍、5.1倍、5.3倍

金 鍋谷峠2h 19分35秒 5倍

当たり前の話なんだけど、20分5.3倍だそうと思ったら5分5.3倍は安定して出せないと不可能。

5.3倍というのは鍋谷峠18分30秒切るのに必要なパワー。

乗鞍なら1時間切りに必要なパワーは4.8倍~

1時間5倍出そうと思えば20分5.5倍くらい必要、じゃあ5分6倍は出せないと不可能。

すると練習は5分で6倍出すことからスタートになる。

実走なら5分のベストが6倍出る程度。ローラーだと5分6倍は現状無理。

まずローラーで何分6倍維持できるかやってみよう。




明日は大台ケ原ヒルクライム。

今度は機材構成は乗鞍からサドルをモントローズ→ローミンへ変更。

ハンドル位置を一番上まであげてた乗鞍から今回はスペーサー1個分だけ下げる。

重要度でいえばそこまで高くない大台ケ原だけど、全力を尽くすのみ。

終わったらいよいよ沖縄対策だ。


  1. 2016/09/10(土) 06:55:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乗鞍1週間前

13643702_658013571030007_218555505_n.jpg 

8月18日~21日まで諸事情で自転車乗れず。
乗鞍前にこれは痛いけど仕方ない。
週明けから練習再開。

8月22日 鍋谷峠×2
クリート調整しつつ。左脚はクリート位置を内向きにしないと痛める感じ。
右脚はやや外向きが正解。
夜にタイヤをシュワルベからコンチネンタルのアタック&フォースへ交換。

8月23日 鍋谷峠×2
確かタイムは19分47秒、20分22秒。
1本目で呼吸の仕方を変えて息を吐くときに口をすぼめてみる。体内の二酸化炭素をはききって新鮮な酸素が沢山取り込める感じ。
でもこの呼吸法慣れていないとかなりシンドイし筋肉使う。でも効果はありそう。
その後サドル1mmあげて登らずに帰宅。


8月24日 鍋谷峠→裏鍋谷峠 鍋谷峠は19分7秒(5.1W/kg)

乗鞍前最終追い込みの24日は19分10秒切れて一安心。
直前まで19分後半とかだったら焦りで夜も寝れなくなる。
19分30秒×3本のペースであがれれば乗鞍1時間切れる計算なんだけど、それができたのは過去の話で今は無理だろう。

サドルを今の段階からもう少し後退したいなとかハンドル位置あげたら重心が後ろに行くから登るときにハンドル引っ張りやすくなるかなとか色々考えながら登ってたけど、もう直前だしこのポジションでいいか。
乗鞍1時間切れる自信ないけど頑張ろう。


あ、そういえばJBCF最終戦の輪島ロード出る気満々だったけど諸事情で出れなくなった。
一発昇格狙っていたのに(小声)

前橋HC、南魚沼ロードは仕事で出れない。
変わりに山口県のレースでるか東近江クリテの2時間ED出ようかな。
沖縄対策するなら後者だけど、JBCFのレースも出ておかないとなぁ。
どちらか出よう。
  1. 2016/08/24(水) 18:00:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ