ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

沖縄旅日記 レース以外

前日編
23722796_1948082471875864_1248823697812513340_n.jpg

朝7時6発~関空到着後5分で桟橋行バス発だったが5分では間に合わないことが分かった。
神戸空港着は8時45分頃。

預ける荷物の中にDi2バッテリーがあると検査に引っかかってしまう。
工具も機内持ち込みの場合、長さの規定があって2㎝オーバーしてしまい検査で引っかかった。

今回の荷物の総重量は19kg。昨年よりダイエットしたが、一行の中では最も余計な荷物が多い。
中に何入ってんねんと総突っこみ頂いたが、自分にとっては必需品いっぱい。
これ運んだだけで左手がオールアウト。明日は筋肉2確実。

10時40分頃の飛行機で那覇到着は12時半頃。
オリックスレンタカーで車借りてコンビニで昼食買って会場へ15時頃着。
ツールド沖縄2017_171118_0006 
サドルが抜けなくて困った・・・原因は中が湿ってたこと。何したんだ自分。
松木君に抑えてもらって何とか抜けたけど冷や汗ものだった。
あと工具紛失して一同巻き込んで探してもらうことに。申し訳ない…。
松木君いわく、自分は動くたびにネタになるらしい(゚Д゚;)
自転車組み立てて16時前に受付済ませる。

140kmコースのスタート地点を下見してから大戸屋で夕飯。
23621460_1948080011876110_4995350150226973766_n.jpg 
何か良からぬこと企んでるな…

これに単品で唐揚げを注文。
23659128_1948080018542776_8387686382144011077_n.jpg 
横で利田さんも全く同じものを食べていた。彼の方が一品多かったけどキャベツだけ残してたのでノーカウント。残してたキャベツは私が美味しく頂きました。

食後にコンビニで明日の朝食を買いに行くが、この時間帯だと売り切れ続出。
来年は早めに買うのが良い。

宿だけ別のほのたろーを送ってホテル到着は20時半頃。昨年と全く同じ時間だった。

かりゆしビーチリゾート オーシャンスパ
ツールド沖縄2017_171118_0038 

ツールド沖縄2017_171119_0043 
夜はほんと綺麗。ここのホテル最高。

明日の補給食は
ザバスのジェル×3(グリコのワンセコンドより小型で良い)
マグオンジェル×3(脚攣り対策)
エネ餅×1(利田さんオススメ。結果的に良かったので来年も使う)
メイタン金(終盤に飲んでお目覚めパッチリ)
スポーツ羊羹×1
2RUN×1(前夜に1つ飲んでおく)

ボトルの中身は
水+CCD+BCAA+βアラニン 
あとはスタート前にメイタン赤を飲む。

来年はザバスのジェルとエネ餅は必須。
マグオンの粉末をボトルへ、マグオンジェルを多めに、あと塩分を都度摂取できるものが欲しい。
絶対に脚は攣らんぞ。

23621511_1948080025209442_7284785012423839515_n.jpg 

23時頃就寝。枕は高さが低すぎた。



翌日へ
5時半起床(眠りが浅い・・・)
起きたら岩城さんも松木君準備完了してていつでも発射できる体制だった。
この二人速すぎだろ…
朝から半裸の写真撮られるし、フライデーに売られたらどうしよう。
準備して6時過ぎ出発。天気は曇りで気温は低め。ウインドブレーカーやレッグウォーマーは無しで
問題ないくらい。

ホテルから自走40km程。松木君が全部先頭曳いてくれた。
23622016_1948080021876109_4625993850833912854_n.jpg 
今まで散々エロいとか言うて申し訳ない。もう言わないようにする。今日だけは

到着したらすでにたくさん並んでた。
23722577_1949822285035216_3148264790292308543_n.jpg 

二度目の軽量化して補給食食べながら開始時間を待つ。
チャンピオンクラスと210kmが通過後に140km組スタートへ。

スタート後は以前の記事を参照

沖縄データ
23561751_1948080075209437_8966300160394295022_n.jpg 


レース後は体育館で表彰式を見る。
いつか表彰式に出る側になりたい。

夜は居酒屋で打ち上げ。
23380310_1942190339131744_4052055109697181635_n.jpg 

自転車仲間、自転車談義で盛り上がる。

そして楽しい夜へ…

ツールド沖縄2017_171119_0044 
左の人の態度が100点

23561360_1948080071876104_6953828972454634099_n.jpg 
来年は別のを食べる。


ツールド沖縄2017_171119_0028 

また来年もここに戻ってこよう。

今より強くなって。
  1. 2017/11/18(土) 09:25:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツールドおきなわ 140km 24位

一昨年、昨年と210kmだったが、今年は140kmへエントリー。
ホテルから自走40km走って会場へ。
スタートは9:20分
列は最後尾付近。

スタート地点
S__5333000.jpg 


~トンネル通過で普久川ダムの登り(1回目)まで~

トンネルは落車頻発地帯で危ないので、そこまでに出来るだけ前に行こうとしたが失敗。

しかし落車は見かけず事なきを得る。

ダムの登り(1回目)は集団真ん中付近で登り初め、人数が多くてイン側は塞がれているのでアウト

側から抜かしていき、山頂まで1kmくらいのところで先頭が見える位置へ。

下りは恐怖心からブレーキをかけてしまい、どんどん抜かされてしまう。

集団から一気に遅れてしまい、ここで終わるわけにはいかないと下りきったところでスプリントして

ぎりぎり集団復帰。



~奥の登り、海岸沿いから普久川ダムの登り(2回目)~

海岸沿いで松木君の側へ。

そのまま先頭まで上がろうとする彼の後ろに着いていく。

位置が多少前後するが、なるべく前方で維持。

しっかり補給して2回目の登りに備える。

前方で登りはじめ、今度はペースが緩く感じ、実際にタイムも1分近く遅かった。

集団はまだまだ大きい。

先頭付近で山頂クリアするが、下りでまた遅れる。

1回目と同じく下った後で全力追走、先頭集団に復帰。




~高江~平良~慶佐次の登り~

集団をふるい落としにかかるペースアップがあり、なんとか喰らい付く。

脚の状態は悪くなく体力もある。このままなら最後までいけるだろう・・・

しかし慶佐次の後の331号線(110km地点)で右脚が


攣ったーーーー‼


完全に右脚が動かない状態で再び漕げるようになるまで2分程かかる。

当然先頭集団に置いて行かれる。

回復後は全力で追いかけようと再び踏むと嫌な違和感が。

脚が攣る直前にあるピクピクするような感覚。

なんとか先頭集団に追いつきそうなところでまたペースアップがあり、何人かが千切れていた。

その千切れ組しか捕まえれず、6人くらいの小さな第二集団に。

そして数km先で今度は左脚が


攣ったーーーーーー‼


下りだったので第2集団にも置いて行かれる。

あまりに悔しくて仕方なかった。

回復までやはり2分くらいかかり、回復後に追いかけたが米粒姿になった第二集団の姿はやがて見え
なくなる。

しばらく一人で走って後続を待ってると2~3人がやってきたのでパック形成して一緒にゴールまで向かうことに。



~カヌチャの登り、羽地ダム~

人数が増えて5~6人くらいに。

途中100km組?の集団と合流し、その中に居た210kmや140km組の人たちも増えて大集団に。

登りで脚のあるものだけが前方に残っていき、羽地ダム手前で完全に集団崩壊。

そこからまたしばらく1人で走っていたら後ろから1人が着いてきたのでローテすることに。

2人でしばらく走っていると、また8人くらいの集団がやってきたので合流。
S__5644309.jpg 



~イオン坂~ゴール~

やがてローテに参加できる人数も減り、最後までローテしていたのは自分を含め3人のみ。

最後はシッティングのままその集団の3番手でゴール。


24位/403人

リザルトを見ると先頭集団は11名だった様子。

自分もここに残れればシングルだったのか。。。

後半、体力や脚の状態からシングル狙い可能と思っていたので、脚攣ってからの根性が足りなかった
ことが敗因。

脚は攣ってからが勝負とか誰かが言っていたな。

自分は勝負できなかった。。。



ツールド沖縄2017_171115_0026 
一緒に行った50kmの部の人が応援で書いてくれた。

あとから知って感動した。

今年のレースはこれで終わり!



23434736_1942190502465061_6183493971951563501_n.jpg 

バイク:TIME RXRS
コンポ:D/A 9070 di2
ホイール:ROVAL CLX40
チューブ:スペシャライズド
ハンドル:スペシャライズド
ステム:3T 120mm 6°
カセット:52/36 12/28
サドル:スペシャライズド POWER EXPERT
ペダル:SPEEDPLAY
ボトルケージ:Arundel Mandible
メーター:pioneer






  1. 2017/11/14(火) 23:27:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

JBCF 大星山ヒルクライム

前日

新幹線で柳井シティホテルへ
15時40分発~20時前頃着
宿泊先は換気扇無し、空調は暖房のみ、薄暗い、狭い、大浴場無し。
来年からは他のホテルにしよう。

22687533_1918222271528551_4563732192835366022_n.jpg 


当日

朝6時起床、朝食はおにぎり2個とつぶあんパン1個、どら焼き、缶珈琲(微糖)
持参してたオートミールバー。

ウェアは
ファイトンラックのスキンメッシュ
ラファのメリノメッシュベースレイヤー
モンベルのウェストウォーマー
チームジャージ
エアロシューズカバー(レイン兼用)

起床時は雨降っていなかったが、レース時間が近づくにつれて本降りに。
滑らないように当初7.5だった空気圧を直前にバルブ2回押して軽く空気抜いておく。
寒くってアップしても体が温まらず、少しだけ。
直前になって下山用に用意していたカステリのgabba2のジャージをチームジャージの下に着ることに。これは防水ジャージなので、こういう場面では心強い。


レース

開始直後はインターバルかかったが、登りではペースが緩く感じた。
集団から抜け出して逃げるか悩んだが、下りで追いつかれるだろうと思って静観することに。
10分程経過したところで、登り初めに前走者がチェーン落ち。
それに避けきれずぶつかってしまい、両足着く完全停止。

ここでもうレースは終わったと思ったが、このレースで6位以内入ってE1残留することが目標だったので、こんな理由で諦めるわけにはいかず。
サイコンが先ほどの衝撃で吹き飛んでいることに気づき、取りに戻るか悩んだがスルー。

この間に大量に抜かされていたたため、もはや前方に何人いるかもカウントできず。
必死で追いかけて檜室君の姿が見える位置まで復帰。

土砂降りの木々の中を走ってると前が見づらい。
サングラスが暗くってしっかり見えず一度コースアウトしそうになったほど。

自分が居た集団は6人程。
檜室君の前に何人?今居る集団は先頭集団?
残りの距離も何もかも分からない状況だった。

集団の先頭を走り続けてると、自分以外のメンバーが一斉にアタック。
何事?と思ったが、数秒後にゴールまで300mの看板が・・・

シマッタ!!!

慌ててダンシングしたが追いつかず、ここで一気に差を広げられてしまう。

結果は7位。。。

トップからは15秒遅れ。6位とは4秒差。
集団の中に居たメンバーから自分の居た集団はどうやら先頭集団だった模様。
もう少しでE1残留できただけにひじょーーーーーーーーに悔しい。
力不足なのもあるけど。

S__4333642.jpg 

下山は恐怖。土砂降りだった富士あざみラインの下山字時の再現。
ブレーキが効かないw
  1. 2017/10/22(日) 12:35:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岬町エンデューロ

岬町エンデューロ

 


前日和歌山140kmコースの第一休憩地点まで走ってから寄り道でドーシェルまで行ってTSS260

S__3842061.jpg 

このパンも美味しかった。ここはいつ来ても美味しいパンでいっぱい。


走行中TARMACから異音がしていたので、帰りに自転車屋へ持っていくが忙しいそうで今度にしてくれと言われたので機会を改めることに。

 

今ステムは120mmだが、どうも長いような気がして110mmにしたくなった。

昨年は130mmだったのに今年は120mmで定着しており、最近110mm試したくなっている。その大きな理由はサドルとの関係。110mmの時が痛みのトラブル少なかった気がする。

 

本題に入り、エンデューロは10時開始。RXRSに乗って自走して920分頃到着。

最高気温29度と夏。暑くてボトル2本で足りるのか不安だった。

丁度沖縄と同じくらいの気温になっていただろう。

沖縄対策としてエントリーしていたので、環境は丁度良い感じ。

 

スタート直後は1周目を最後尾付近で過ごし、2周目から中腹まであがって静観。

観察しているとコーナーの立ち上がりから次のコーナーまでの距離が短い場所はシッティングのまま走れば疲れにくいが、自分の前に居た人たちは揃いに揃ってダンシングで踏んでいる。そのまま次のコーナーが近いのですぐにブレーキング。これではしんどいだろうな~と思いながらシッティングのまま走ってノーブレーキングで。

ただし次までのコーナーが長い場合は自分もダンシング。

 

1時間半走ったところで左腰が痛くなり始める。

さらに経過したところで右膝も痛み出す。ついでに尻も痛い。

しばらく我慢の走りをしていたが、さすがに痛みが強くなって限界が来たので2時間10分経過したところで千切れてしまう。

千切れた時の状況は中切れされ、痛みで踏めなくなっていたのでそのまま終了という感じ。 

具体的な状況は第1コーナー手前のところで3時間組が急激にペースをあげた影響で、前に居た5時間組2人が中切れしてしまい、自分はブリッジすることができずそのまま終了。

あとは時間がくるまでサイクリング。

痛みが癒えたらペース上げようと思ったけど最後まで癒えずそのまま終了。

順位は見ていないけどあまり良くないはず。

そのレースはヒムロくんが優勝。流石に強い。

鳥飼さんもファミリークラスで5時間で優勝。

あちらは4時間50分を一人で走って最後1周を息子に走ってもらったんだとか。

ほぼ一人で走って優勝とか意味が分からない。

 

久しぶりに出たエンデューロ、色々と試せるので良いトレーニングになった。


帰りは暑かったので途中でブラックサンダー

22310484_1908062475877864_2715213456671637896_n.jpg 

  1. 2017/10/11(水) 23:50:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉山へ

北摂から輪行でやってきた松木君と共に千葉山へ。

ちばやま ではなく せんばやま と読む。自分も以前までは勘違いして読んでいた。

19642405_1806781502672629_6013647863966159117_n.jpg


午後から雨予報だったので、最短ルートで62号線から和歌山入り。

ハイペースで南下し、あっという間に黒沢峠近くまで到着。

20分程の登りで、少し激坂がある程度。長い下りを下ったらついに有田市。

480号線を西に向かって走ったら千葉山のスタート地点に到着。

19875606_1806781419339304_8733148889459093392_n.jpg


千葉山は十三峠のコースとよく似ており、道が綺麗で道幅も広い。見通しが良く車もあまり走ってないのでダウンヒルの練習にもいいかもしれない。

一番のポイントは下ってる最中の景色だろう。
19894719_1805344309483015_7226419070050254234_n.jpg


和歌山のラルプデュエス。

帰路は18号線を登って大阪へ向かうが、ハンガーノックでパワーが出ずに松木君に置いて行かれる。

えっちらおっちら登ってると突然ゲリラ豪雨と雷鳴。

さすがにこの雨ではブレーキは効かないし、川のように流れる水が凄まじさを語ってる。しかも寒い。

30分程雨宿りして雨雲が過ぎ去るのを待つ。

マシになったので再び下ると、すぐ近くは地面すら濡れておらず晴天だった。ここは雨降っていなかったのか・・・

そのまま大阪側へ進んでいくとまた62号線を下ったところで雨に遭遇。

土砂降りの中を走った後なら気にならない程度の雨だけど。

土砂降りにハンガーノックと予想外の冒険ライドになった。

夜は焼肉。運動後には最高である。
19905264_1806781339339312_2219520795479147882_n.jpg


155km TSS340 
  1. 2017/07/10(月) 23:14:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月のサマリー

5月30日

MAVICの新しいシューズ(購入してから1年以上たってるけど)コスミックアルチメイトをインソールだけソールスターに入れ替えて漕いでみることに。今までローラーで時々試してたけどイマイチしっくりこなくって放置してた。

新型はアッパーが一部カーボンでできているせいか、硬さがあって包み込むような感じがしないから好きじゃない。
旧型のほうがアッパーが柔らかく、締め付けの調整も足首以外はマジックテープだから自分好み。
しかし旧型はソールの部分が一部剥がれかけているので、そろそろ換えないといけない時期だから、新しいシューズで慣らしていくしかない。

どうしても慣れなかったら買い換えるしかないけど。

というわけで新型履いてローラー5分MAX5セット

1本目 340W
2本目 343W
3本目 338W
4本目 329W

5本目は呼び出しされて中止。そのまま終了。
ハイライトは2本目の5.9倍。ローラーでは自己記録更新。実走では365Wだったかな。さすがにまだ更新できる気がしない。
シューズはいまいちだったけど痛み等は出なかった。クリートの微調整して実走でも試してみよう。


5月31日

夜に鍋谷峠1本

シューズは旧型で。

向かう途中もいつもより速いハイアベレージ走で心拍をガッツリあげる。

途中右脚に違和感。足首がブレていてパワーロスしてる感じ。Qファクターを少し外に広げ過ぎたかもしれない。

調整道具持ってきていなかったのでそのまま登ることに。

18分31秒 5.3W/kg

結果、ダンシング率30%。Qファクターのせいか、シッティングでは漕ぎにくかった。

タイムが速くなったことに左脚のペダリング効率が改善されたのが一番大きいかもしれない。

シクロスフィアを見ても左脚の効率が右脚と比べて少し劣る程度。両足平均効率65%くらい。

心がけていることとして左脚を大きく持ち上げて早めに踏むってことかな。

腸腰筋が以前に比べてしっかり仕事している。疲労感も半端ないけど。

18分台が出て満足。今後のハードルが上がるな。

帰路は河合坂(逆)のKOMをゲット。2分30秒 400Wちょい。

フルダンシングで走ることが多いが、いかにムラなく踏めるかが大事。

ダンシングの仕方も改善の余地があるし、練習でダンシングを多めに取り入れよう。

23734.jpg
  1. 2017/06/01(木) 07:39:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鍋谷峠今年初の18分台と牛滝TT自己記録更新

翌日は午前中だけ走ることにして鍋谷峠へ。

調子も良かったので本気で走る。

中間地点で9分30秒台だったのでこれはイケると思い、後半もダンシングを多めに入れて上がっていった結果

18分50秒 5.1W/kg

今年初の18分台!

そのまま和歌山側を下って今度は登り返し。トンネルが開通したことと道の駅を出入りする車が増えたこともあって、ルートはすぐ隣にある鍋谷峠(ロング)のコースから上がることに。

いつものコースよりやや長めだけど、車通りは少ないしトンネルも通らないので安全。

STRAVA見たらまだ2回しか通ってなくって今回で3回目。

裏鍋谷峠は16分42秒、トータル28分32秒。

次は牛滝へ向かい、牛滝TT開始。

序盤の平坦はエアロポジションで走る。走ってると、合宿でご一緒した中川さんと思いがけない遭遇。

最後の3分程の勾配のキツイ登りもダンシングでクリアし、タイムを見ると10分12秒!(STRAVAで10分14秒)

自己記録の10分17秒から3秒更新!心拍は175/184拍とほぼ限界に近い。

18278801_1728195383864575_8116542327277192092_o.jpg

中川さんと少し話して、帰路はほの字の里までは一緒に走ることに。

途中ある射撃場の登りでフルダンシング。1分32秒 463WでKOM。

あとは流して帰宅。TSS230程

ここ最近は走れば臀筋が筋肉痛か疲労感を感じる。使うべき筋肉を使えてる証拠なんだろう。
  1. 2017/05/06(土) 17:41:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ