ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

シルベスト朝練から妙見山、西峠

7月20日 RXRS 9070化から戻ってきた。カンパから9070へ。重量6.69㎏→6.7㎏

7月21日 5時半出発、50㎞走って7時45分到着。シルベスト朝練8時(実業団組)スタート

8人ほどいたかな。

第1ステージ 3着
第2ステージ 2着
第3ステージ 1着

皆ゆっくりだった。回復走だろうか。

その後は7人で妙見山へ。

途中でシルベストのジャージ着た人が1人。ゆっくり登っていたので抜かすと追いかけてくる。

抜きつつ追い付かれつつの競争、少し会話。あの人絶対速い。勝てる気がしない。

妙見山到着後はカフェマンナへ向かう道(一庫ダム付近)を5人で高速巡航、3人千切れる。

そして休憩地点で3人離脱。5人で次の場所へ。

またまた高速巡航。40㎞以上は当然。

あいかわらずR-sys slrの空力性能は無視できないレベル。R500のが楽だ。

カフェマンナで一息休憩。ああ 暑い…

最後に西峠へ。カフェマンナから10㎞程先の場所にある6㎞の登り。

5人で登る。

帰りは1人が離脱、4人で帰宅へ。

途中で熱中症&ハンガーノック。

さすがに補給が少なすぎたか。

途中、シルベストサイクルで休憩することに。

走行距離188㎞


9070のインプレ

IMG_20130720_171309.jpg


STI
持ちやすさはカンパには劣る、が105よりは圧倒的に持ちやすい。
カンパ>9000>105
変速もボタンで楽々。


リアディレイラー
変速性能は素晴らしい。
多段変速の速度が少しゆっくりだったので最速に設定。うん、なかなか良い。
ただ一気に変速したい場合はカンパ(レコード)のほうが速い。


フロントディレイラー
クランクだけカンパニョーロのものを使ってるので変速はあまり良くなかった。
少しでもトルクがかかっているとインナーからアウターには変速できなかった。
ここは9000のクランクに変えるべきか。様子見。

ブレーキ
エグザリットリムとの相性もあるが、最高に効く。
当て利きもできるし、感触はカンパのそれに近かった。
文句無し。

サテライトスイッチ&スプリンタースイッチ
非常に便利。スプリンタースイッチはあまり使わなかったが、サテライトスイッチは上ハンを持っているときにいちいちSTIまで手を動かさなくても変速ができる。これはロングライド時に疲労の軽減に繋がるだろう。

総じて満足。
フロントの変速だけ微妙だが、そこは見た目と軽さを取ってカンパにしたかった。
9000のクランクにすれば、変速の問題も無くなるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/22(月) 21:45:12|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シルベスト朝練やら入院やら。 | ホーム | シルベスト朝練>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokoyan.blog5.fc2.com/tb.php/58-b47c8bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)