fc2ブログ

ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

2019 乗鞍ヒルクライム

今年も行ってきた。

8時に合流してピックアップしてもらい、到着は15時半頃。宿はいつものところ。

SAで食べた昼飯は豚の生姜焼き。
69215640_2916536438363791_1262966808772608000_n.jpg

岩城さん、梅ぴょん、田中さん、楠本さんの5人で宿泊。
今年はネタ担当の松木君がDNSしたので、楽しさ半減なるかと思ってたけど色々濃い話聞けて良かった。
途中ヒム69も参戦。

夕飯
68972139_2916536488363786_1830929384165343232_n.jpg
食べすぎたかも・・・

夜は9時半就寝。

4時過ぎ起床、朝食後に風呂入って準備して6時前にアップ開始。

朝飯
69815252_2916536508363784_580359985607737344_n.jpg


朝は流石に脚が重くってアップしてもパワー出ない…。6時半頃から並び始める。
今年は320名参加の大所帯。これは最後尾の人辛い。



7時 チャンピオンクラス レーススタート


開始~三本滝まで

序盤から兼松さん田中さんがハイペースで牽いてるので集団が高速化。
最初っからキツくて三本滝前に脱落。確か通過時は16分半くらい。
普通に5倍弱で踏んでいないと千切れる。


三本滝から位ヶ原まで

途中で兼松さんや佐々木さん(富士ヒル優勝者)のパックに入って走る。
位ヶ原通過時で恐らく43分くらい。途中でかなりペースダウンして置いて行かれたけど再び追いつく。
特につづら折りのところで踏み込めず遅れるパターン。
田中さん、兼松さん、佐々木さんは途中から完全にサイクリングしてた。


位ヶ原~ゴール
大雪渓は酸素薄すぎてシンドイ。
もうダンシングしたら一撃で脚に来るくらいシンドイ。
最後のゴールシーンは動画にありました。

奥久光さんによる動画。有難うございます。



練習でよく登っている鍋谷峠も今年は17分台量産してたので、乗鞍も1時間切り達成できるかと期待していたが厳しかった。
2017年は1時間1分28秒、2018年は1時間2分41秒、今年は1時間1分19秒。
2018年は失敗してやらかしたけど今年はベストを尽くせたと思う。
年々着実に強くなってるんだけど1時間切りの壁は高い。
来年はホイールも超軽量チューブラーに変えて挑戦したい。

S__16564231.jpg


S__16564258.jpg

山頂で色々と話してると登って良かったと思えるし、次へのモチベーションも湧いてくる。
この瞬間が好きなのかもしれない。



下山開始時にホイールの違和感に気づく。
フレは元々でていたが、ブレーキかけるとカックンカックンする症状は初めて。
カックンする度に前につんのめる感じがして怖かった。
リムの破損だったら修理か買い替えかな…( ノД`)シクシク…

S__16564293.jpg

LOOK 785RS HUEZ
コンポ:D/A di2
ブレーキ:eeBrake
ホイール:ROVAL CLX32
タイヤ:continental grand prix TT
チューブ:continental grand prix Supersonic
ハンドル&ステム&サドル:スペシャライズド
重量6.4kg(正確に計測していないので推定)

下山後はシャワー浴びてチャンピオンクラス3位に入った梅ぴょんの表彰式。
S__16564334.jpg

梅ぴょんのバイクのレビューは次回日記で。
S__16564312.jpg
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/08/26(月) 10:18:51|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<乗鞍 チャンピオンクラス3位の梅ぴょんバイク特集 | ホーム | 富士ヒルクライム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokoyan.blog5.fc2.com/tb.php/465-5bab0077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)