ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

尻の痛みで途方に暮れる。

14650690_1479198908764225_1833407896386956030_n.jpg


岩城さんとロング150km 獲得2000↑

鍋谷峠経由で和歌山へ。紀美野町からかつらぎ町~高野町と走るルート。

事前に伝えて終始自分の先頭固定で走ることに。

鍋谷峠の下りで物凄い速さで下っていく人が居たが誰なんだろう。プロと見間違うほど速かった。

初めの休憩は有田川と高野山の道案内がある分岐点のコンビニで。ここまで約62kmくらい。

そこで御握り×2とつぶあんぱんを一袋。

そこから先は50km程の緩い登りをノンストップ。笠田のコンビニまで休憩無し。

最後は裏鍋谷を登って雨降る前に解散へ。


距離を走ると途中からお尻が痛くなってどうしても踏めない。毎回痛くなる。

痛みだすと気になるし、だからといってダンシング多用してるとなぜか右の腰が痛くなる。

どうしようもない痛みにただただ耐えるだけ。

最初は心肺機能や筋肉がしんどくて辛そうな表情だが、後半は尻の「痛み」を耐える苦痛に耐える表情になっている。

その状態になると踏めないので心拍もかなり下がる。もちろん練習にならない。

昔からロングはあまり速くなっていないが、一番の原因がコレ。

解決しようと色んなサドル試したし、昨日クローバーバイシクルにいって体圧測定フィッティング受けた結果、自分に合うサドルは少ないかもしれないとも宣言された。

痛みを緩和するためにサドルを低くすると今度は漕ぎにくくなる。逆に高くすると漕ぎやすいが痛みは増大。

前下がりにすると座骨が痛みやすくなり、前上がりにすると尿道が痛くなる。

ほんとにどうしたらいいのか…。

ついでに右脚の偏平足のキツさにスゲェって感嘆までされた。

沖縄210kmもこのままでは途中でお尻が痛くなって踏めなくなって集団に置いて行かれて完走かDNFになってしまうのが目に見えてる。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/22(土) 22:35:35|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<沖縄対策 最後の追い込み | ホーム | 沖縄対策210km>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokoyan.blog5.fc2.com/tb.php/363-589b6782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)