ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

キノフィット 2回目

ツールドおきなわから昨日の金曜まで一切乗らず、今日ついに自転車再開。

痛めていた右膝の痛みも完治。束の間の休憩だったな。

バイクは久しぶりのRXRS。

そして1年ぶりのキノフィットを受ける。雨だったので輪行で神戸まで。

12246891_635148966636058_2920425212194188303_n.jpg

木下さんに以前より筋肉がついているな、と。

ローラーで軽く漕ぐと、去年見た時より大分(姿勢が)良くなってるとのこと。

教えて頂いたブラケットの持ち方はそのまま、ハンドル幅も38から40に広げていたので、そこはGoodと。

要望を聞かれ、姿勢を一から見直すか、乗り方を診るか。

リフィットを受けた理由が、キノフィットで出された姿勢の本質を自分なりに解釈し、色々と弄って良くなっているのかを確認してもらいたかったので、前者を選択。

フィッティングは主観でやると難しい。客観的に見てもらうのが大事。

自分の悩みを伝える。
・右膝痛み
・腹筋に力が入ってしまう
・ステム130はしんどい

ステムは120mmそのまま、ブラケット位置が低いのでしゃくるって距離を近づける。
ブラケットがやや内側に入っていたのを真っすぐに修正。

次にペダリングを指摘され、踏むペダリングになってるから回そうと言われる。
意識的にやらないとすぐに踏むペダリングになってしまう。

今度はスペーサーをとってハンドル位置を一番下まで下げ、確認で跨ったあとはサドルを2㎝程あげられる。
どうも、これまでのサドル位置は低すぎるそう。サドル高は690mm→710mmまでUP。(身長172㎝/股下81㎝)
これで痛みが出るならサドルが合ってないから変えるほうがいいと。

跨って確認。落差はかなりでているのに全然苦じゃない。

最後はクリートの調整。
左脚の踵が外に動いてることを指摘され、イモネジを調整してフロート角をかなり狭めに。
右にシム1枚、左に2枚を入れてカント角をつける。
右脚のクリートはQファクターを広げ、左の脹脛が張る感じがあったので、同じく左脚の前後位置を微調整。
少し浅めに、Qファクターは広めに。

ここまで来ると当初とは別物のポジション。
ペダリング効率は非常に改善された。常時70%以上が維持され、木下さんも凄いと。
基本ができているから、体がちゃんと対応できているんだとか。

リラックスしてヒルクライムでよくやる上ハンをもって漕ぐと、姿勢が悪くなったのをズバっと指摘される。

彼から、腰は痛くならないか?と。

沖縄では非常に痛かった。
原因は姿勢で背中(肩甲骨のやや上、中央部分)に力が入ってるから痛みが出ると。
それはこういう乗り方で改善できるのでこうしようと修正。
すると痛みは出なくなった。

時間も迫っていたので次回会った時はダンシングを主にやろうって話に。来年2月か3月かな。

最後にメニューを聞き、冬の間はひたすら20分走を7割の負荷で漕いでみよう、と。1日最大3本、週3回。
※姿勢を常に意識。パワーコントロールは不要。

フィッティングが終わってから彼は昼食へ。自分も着替えてどこかへ食べに行ったら、先ほど食べに行った木下さんと遭遇。

1442.jpg

イタリアン料理。お店を出て右へ真っすぐ、ローソンから見える向かい道路の郵便局マークのすぐ近く。

本日のランチを注文して茄子入りのパスタ大盛。茄子が美味しい。

彼とは主に自転車以外の話を。内容が自分にとっては濃いものだった。自転車以外でも勉強になった。

冬の間は、ポジションは一切触らないで20分走をひたすらやろう。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/14(土) 20:31:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グリコ サプリメント | ホーム | 沖縄 反省点など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokoyan.blog5.fc2.com/tb.php/262-89349d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)