ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

ツール・ド・おきなわ 210km

朝4時起床で5時半には会場着。順番も前方確保。気温も丁度良くて寒さも感じず。

レース開始まで準備して羊羹1個食べて待機。トイレは5回行ってお腹の調子整える。

頻尿な自分はスタート前は飲んだら出るので、できるだけ飲まないように朝も缶コーヒー1杯と、自走で会場へ向かう時に飲んだBCAA+CCDを混ぜた水分を少しだけ。

7時45分レース開始

前方から5列目程、前に40人くらい。

ローリングスタートで先導車がいなくなったら皆一気に加速。

大集団が蛇のように動く。それはもうツールドフランスのような雰囲気。

その反面、集団内は非常にストレス。前走車と接触しそうになったり、何度もブレーキがかかったり加減速は多い。

補給食に手をつける余裕は無かった。

集団大落車が目の前で起き、危うく自分も転倒するところだったが危機一髪ブレーキが間に合って事なきを得る。

20km程走ったところで尿意を催し、30km地点だったか、海岸沿いで非常にトイレに行きたくなった。

高岡さんがトイレで一時離脱してるのを横目に、自分も相当行きたかったが集団の速度は速くて断念。

ここでトイレ行ったら集団復帰できずリタイア濃厚。

しばらくしてると高岡さんが自分の横を通り過ぎて狭い集団内をスイスイ上がっていくのを見て驚嘆。

周りが道を開けてるようにも見えた。単独復帰したことにも驚き。これが優勝候補の走りか…。

尿意もあって水分は控えめに、補給食は一切口にせず。

これが後の重大なミスとなることに気付くのは遅かった。。。

基本、危険な集団の中央付近にいたと思うが、時々集団の前方(といっても40番手くらい)まで上がったり。

70km走ったところでフンガワダムの登りに差し掛かり、ペダルを踏むと、あら不思議。全然パワーが出ない。

心拍は9割に達しているのに240Wとか。

これは…しばらく考えてハンガーノックだと悟った。

膀胱はパンパンだったけど補給をここで初めて取り、水分もガッツリ取る。

しかし遅れてしまった登りで追いつくのは不可能。

千切れたメンバーで集団を形成し、下りへ。

下りは70km程でたが、高揚していて特に恐怖心は無かった。

いや、尿意>恐怖心でそれどころじゃなかった。

下りきって汗と尿意の冷や汗で汗だく。

先頭から遅れたこの集団は、だれもアタックせず完走目的に変わってるようだった。

海岸沿いを走ってると今度は左脚の踵が強烈に痛い。今までに経験のない痛みだった。

尿意を抑えるのに必死でレースどころじゃなく、千切れた集団30人くらいの最後尾で時々無意味にダンシングしたり。

100km地点で尻も痛みが出た。

本気でリタイアしようか考えたけど、ここまで来てそれは無い。我慢するんだマイサン(息子)と何度心の中で叫んだことか。

疲れて必死の形相、尿意を抑える形相。新しい表情が開発されたと思う。

そんなこんなで尿意をこらえて走ってると、いつのまにか尿意が消えていた。

フンガワダム2回目直前の124km地点。さらに痛恨のサイコンのバッテリー切れ。

初めての沖縄で距離感も分からないままフンガワダム2回目へ突入することに。

そして恒例のように痛む右膝に堪えながら登る。

登りきったところで補給ボトルを3本受け取り、下りは自分なりに必死に飛ばすが、自分より下りが苦手そうな2人に中切れ起こされ、下りが下手な自分は当然追いつけず、その集団ともサヨウナラ。

そんなこんなでしばらく一人で走ってると後続からまた集団が来たのでそれに合流。

しかしアップダウンが続くコースで非常にキツイ。ほんとにサイクリングペース。

補給食はほとんど食べ尽くし、残るは羊羹とメイタンの金×1のみ。

距離も分からず、近くを走ってた人に距離を聞く始末。

残り40kmくらいの場所で向かい風。集団から千切れてしまうが、後ろから来たコラッジョの科野くんに救出してもらいって集団復帰。ほんとに危なかった。そんな彼は集団に頼らず一人で独走したりと積極的な走り。

ボトルの水も底をつき、もう万事休すか…と満身創痍の状態で、メイタンの金を補給。

しばらく走ってると、最後のアップダウン区間の場所で3回目の補給ポイントがあるとは知らず、砂漠でオアシスを見つけた気分。

3本受け取って、がぶ飲みし、羽地ダムあたりで水を得た魚のように体が回復してくる。

ようやく踏めるようになり、ガシガシ踏んで登りは前方にいた人達を全員追い抜く。これがメイタン金の効果か。

最後の平坦、イオン坂も含め、独走して30人程追い抜き、誰にも抜かされることなくゴール。

やりきった… 114位完走。

水を頭から被り、止まらない汗を流す。

やっと終わった…。

今までで一番キツかった。尿意的な意味も含めて。

ツールの選手はこれが連日か…ほんとに化け物だ。

レース後は利田さんの26位を称え、無事に帰ってきた岩城さんと3人で無料で貰える食事で胃を満足させ、夜はホテルで乾杯。

また来年も出ると誓った。沖縄のレース、苦し楽しかった。


12189588_1209674585716660_7643546741747586090_n.jpg

バイク: Specialized Tarmac S-works 52
コンポ:D/A Di2
ホイール:ROVAL CLX40
ハンドル: Specialized
ステム:3T(120mm 6℃)
タイヤ:S-works turbo
チューブ:Soyo latex 7気圧
カセット:52-36T 12-25T
サドル: Specialized Romin
ペダル:Speedplay
ボトルケージ: Arundel Mandible
メーター:pioneer



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/10(火) 20:31:01|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<沖縄 反省点など | ホーム | ツール・ド・おきなわ 前日編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokoyan.blog5.fc2.com/tb.php/260-797ce4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)