ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

JBCF 堺クリテリウム

先日のきらら浜クリテリウムで一発昇格できたので、予定外だった堺クリテリウムも参戦することに。

8時半発、自走20km程走って9時半過ぎに大仙公園到着。

チームと合流、準備して受付すませて4分だけローラー。

推定300W付近で回して1分クールダウン。

3列目に並べてスタートまで待つことに。

TOJのクリテリウム中だったプロの走りを遠めに見るが、集団の速度がかなり速い。

あれがプロか、雲の上の存在だ。

レース

2.7kmの7周回(18.9km)

スタート直後から一斉にダンシングでスタート。

前方に位置するが、第一コーナーで外側に膨らんできたので危険を感じ後退。

先頭スタートの恩恵はここで失ってしまう。

走行中は落車寸前の人が居たり、コーナーの立ち上がりで斜行、割り込みが多く危険を感じてコーナーの度に時々後退。

案の定、第4コーナーで落車を目撃。

他にも前の人が第2コーナーで曲がりれず急ブレーキかけ、後ろを走っていた自分も一緒に遅れてしまったり。

その度にコースの端っこで踏んで前方まで単独復帰を何度か。

そんなこんなで最終周回を10番手くらいでクリア。

10313809_10152437279467044_2171785923716410177_n.jpg

最終周回は皆殺気立ってて速度も速い。

さらに前方へあがろうとするが位置取りが悪く第一コーナーでイン側に位置してしまい、インターバルかかってどんどん追い抜かされてしまう。

第2コーナー手前までは集団に挟まれて身動きできず。

かといって集団の中にいると落車の危険もあるので早く先頭へ上がりたかった。

第2コーナーこえた所のストレートで踏んで一気に前まで出るが、やはり位置取りが悪く第3コーナーでまた遅れてしまう。

アウト側が占拠されててイン側しか空いてなかったし仕方なかったが、これはコーナーでインターバルかかって無駄に脚使うだけだからあまりやるべきでは無いなと実感。

コーナーを過ぎたところで番手も下がり、もう入賞無理だったが脚はあり余っていたので、最終コーナーの立ち上がりでもがけばゴールまで長い分シングルフィニッシュはチャンスあるかなと思いつつ。

そう思ってると前方、ゴール手前600mで無理に突破しようとした人達が集団大落車。

スペースは道幅の3分の1くらいしかなく、右に避けようにも邪魔で回避できない。

ここで踏むのを止めたらシングルフィニッシュもできなくなるが、右に無理やり避けて集団落車の二次被害を生むか止まるかの2択しかなく。

後者を選択し、急ブレーキで減速、停止しかかったところで安心してると後ろのシルベストの人に猛スピードで突撃されて沿道に吹き飛ばされる。

自転車はハンドルのセンターがずれ、後輪のコスカボSLRは何かにひっかかって回らない。

自分は打撲か鬱血かで奇跡的に軽症で済んだ。

しかし、レースは完全に終わった。

機材が駄目になっていたのでゴールまで600m、自転車を担いで歩いてゴール。

1220955028216.jpg

レース後

コスミックカーボンSLRの後輪はカウルにクラックが入り、カーボンスポークがリム内部で折れたのか、大きく振れてしまった。

最終周回の最終コーナー手前は無理に突破しようとする人が必ず出てくるので、相当危険なのは分かりきっていた。

運よく落車は回避できたと思ったが、まさか数秒後に後ろから突っ込んでくるとは思わず。

本当に悔しい。

後輪が壊れて自走で帰れなくなったので、チームメイトからホイールをお借りさせて頂く。

本当にありがたい。

P1020889.jpg

E2デビュー戦のレース、位置取りさえ間違わなければ充分順位に絡めそうで手ごたえはあったように思う。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/05/18(日) 22:32:22|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JBCF 比叡山ヒルクライム | ホーム | クリーンイノベーター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokoyan.blog5.fc2.com/tb.php/141-37db3dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)