ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

護摩壇山HC

護摩壇山HC 195km 獲得3579mUP

連休前に発症、悪化した皮膚炎で痒くて寝れず、前日ローラー錬の疲労も抜けずで不調。

でも久しぶりにM氏H氏と揃って走れるのだからと気合一発。

7時集合、3人揃って7時半発。

道案内役の自分は常に先導。まずは鍋谷峠。

鍋谷峠TT 20分7秒,287W,4.8W/kg,84回転

20分切れなかったが、調子の割りに好タイム。

平均勾配7%だがケイデンスが低い。筋肉に頼るとすぐに失速するので、できれば90回転は欲しい。

登り切ったところで小休憩、皆揃ってから和歌山側へ。

次は高野街道を通って平均勾配5%の花坂~大門TT。

途中2箇所交通整理で停止したので正確な記録は不明だが、計算したら22分前半だった。

登ってる最中のケイデンスも高めだったので、好タイムが出たのだろう。

このコースは勾配も丁度よく、ヒルクライムの練習には最適な場所だと思う。

10170685_862939830390139_4021912989783934154_n.jpg


高野山到着後は補給を済ませてすぐに高野龍神スカイラインへ。

目的地の護摩山スカイタワーまで28km。

序盤はレースペース走り、後続が見えなくなってからは自転車のサドル高を変えたり、写真撮ったりしながら登る。

BGFIT後のサドル位置が高すぎたので、元の高さに戻すとあら不思議。漕ぎやすい回しやすい。

やはり自分はサドル低めが正解なのかもしれない。

70599.jpg

後半は右膝が痛くなったのでペース落として走る。

70577.jpg

70km/h近く出たあとは10km/h台で登ったりするアップダウンを1時間弱走って山頂へ。

70575.jpg

山頂で昼飯に豚丼をチョイス。毎回ここまで食材を運んでくる人に感謝。

fc2_2014-05-08_18-17-47-282.jpg

もう脚パン。痛い。帰る気力が無い。

そんな思考とは裏腹に下半身はいつも全力。

帰路も踏み続け、一気に下ってあっという間に市街地。62号線を登って大阪側へ。

62号線を登ったところで異変に気づく。サドルの位置がずれていてカーボンレールにクラックが入っていた。

買ったばかりのセライタリアSLR キットカルボニオフローが・・・

ダンシングで帰れ!言われるが無理なものは無理。

割れないように祈りながら下りも踏み続け、17時ごろ集合場所へ戻る。

全力で漕ぎ続けたので下半身崩壊気味。本気で頭痛くなって吐きそうな気分だった。

途中休憩も多くその度に沢山の補給をしたがまだ全然足りない。

帰宅してからは軽く補給して30分ほど仮眠。

起きてから炭水化物とたんぱく質を貪る様に食べた。

TSS453.6と今年一番のTSS。2~3日疲労残るレベル。

このレベルの練習を毎週できるような体になるにはまだまだ先だな・・・

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/05/08(木) 18:44:01|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々のシルベスト朝錬 | ホーム | JBCF 第1回 きらら浜クリテリウム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokoyan.blog5.fc2.com/tb.php/137-2d8eee33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)