ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

JBCF 伊吹山ヒルクライム

実業団デビュー戦 E3-22位

梅田まで自走、車で拾って頂きそこから現地へ。前日受付を済ませて彦根へ向かいホテルへ。

到着後、3人で26km程走って筋肉に刺激を入れる。

64615.jpg

夜は沖縄料理で大食い。

19750.jpg

22時半過ぎ就寝。




6時半起床 コンビニで買った朝食を食べてシャワー浴びる。

車で10時発、11時現地着。ホテルから現地まで28km程。

チームと合流し、準備してウォーミングアップ40分。

その時に気づく。FDの調子が悪くインナーからアウターにまた上がらない。

前日メンテナンスに出したときなんだろうか、FDは少しでも弄ると変速が途端に悪くなる。

チェーン落ちのリスクを避ける為、一度インナーに落としたらアウターは使わない、インナーのみで行くことに。

1511359_538628902920431_1357065776006352491_n.jpg

レースは13時44分発だったので昼食は取らず。



レース 22位 49分20秒 289W 4.8W/kg 82回転 180/190拍

スタート地点で重量測定。前日測定した時は最軽量状態で6.93kg

最前列に並ぶつもりが遅れて結果的に最後尾スタートに。

ホビーで落車があったとかで時間遅れ、14時頃スタート。

最後尾なので先頭スタートから10秒後に自分スタート。すると、いきなり目の前で落車発生。

15秒程遅れただろうか、先頭集団には追いつけないので自分のペースで走ることに。

序盤5分間は325W、10分間309W、20分間299W

ひたすら漕ぎ続け、同じ筋肉ばかり使わないようにダンシングしたり座る位置変えたり。

ショートコースの山小屋を越えたあたりで2人に抜かれたので根性で抜き返す。

そこからは3人で抜きあいつつ、ダンシングで逃げてはシッティングで追いつかれの繰り返し。

ゴール地点まで続き、ゴール直前ダンシングで逃げたら二人が両脇からスプリント。

さされてしまって22位。

全てを出し切った。

山頂についてからはチームと合流して防寒具を着てすぐに下山。

下りは特に寒さを感じず、防寒装備は完璧だったと思う。

ジャケット3枚に下は長ズボン、グローブは5度対応、ネックウォーマーに靴下2重。


反省&改善点
・FDの変速不良を治す。購入当初から変速不良が治らないので初期不良かもしれない。
・1時間近いヒルクライムレースだったがカーボローディングは不要。体重が増えるとデメリットのが大きい。
・昼食代わりの補給食をもっと持参しておくべきだった。
・やはりウォーミングアップは入念に、或いは高強度錬して一度心拍を限界まであげておくべき。
・空気圧はヒルクライムに限って少し高めに設定したほうが良いかも。普段7気圧を7.5気圧へ。


次は比叡山ヒルクライム。こちらは入賞本気で狙いたい。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/04/14(月) 23:07:15|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<疲労抵抗テスト結果 | ホーム | ローラー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokoyan.blog5.fc2.com/tb.php/128-897ed3d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)