ママチャリにライトウェイト

山が好きなサイクリスト

SOLESTAR インソール

SOLESTAR コントロールロード 買った。

DSC01424.jpg

通常のインソールとの違いは、
足の回内、回外化防止のためにアーチ後半部分、前側の側部にサポートするための膨らみがある。
インソール中央部分を盛り上げることにより、中足骨指骨間の第一関節を低い位置に置くことによって動力伝達効率のUP
3か所に工夫がされている。またこのインソール自身は硬い。

DSC01426.jpg

何が変わるかというと真っすぐに平行なペダリングができるようになるらしい。

詳細はここを参照
購入したのは新作のほうなので色が違う。

自分は右脚が偏平足&悪い癖で回内してしまい、膝がどうしても内側に入ってしまう。
そのせいで沖縄210km直前に酷い鵞足炎になってしまい、2か月治らず現在も治療中。
また12月頭(1回目)、1月頭(2回目)にフィッティング&コーチングを受けてペダリングの矯正にも取組中。

説明書通り、シューズに角度をつけるシムを挟んでいたので取り除く。
当初は慣らし運転で速く走らないようにとの注意書きだったのでゆっくり走ってみることに。
最初は違和感あったが、偏平足の自分でも問題なく使用できた。土踏まずの部分もアーチに支えらているような感じがある。
ただ、真っすぐ踏めるようになったかというと△
やはりインソールそのものより癖を矯正しないと治せないことが分かった。
しかし、正しいペダリングができるようになるとこのインソール効果も相まって長距離を走っても膝周辺を傷めにくくなるかもしれない。

後日、牛滝でTTしてみる。(今年初の練習に)
鵞足炎が悪化しないように慎重に様子見ながら。

1本目 12分1秒 
2本目 11分41秒
3本目 11分47秒

故障中で全く走れていない状況ながら割と良いタイム。(ベストは10分17秒)
走行中はそこまで膝軌道がブレていなかったが、ダンシング時はやはりズレていた。

現時点ではソールスターはサポートにはなるが癖の矯正としては疑問。
それだけ自分の膝の回内が酷いということかもしれない。
まだ2回しか使用していないので、結論は後日に書くことにしよう。



実は2回目のコーチングで判明したある癖を修正すると膝の回内がピタっと治った。
この原因については次回に書こう。インソールよりもこっちのほうが遥かに大事。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/09(月) 21:47:24|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローラー台の比較 

四本ローラー買った。

グロータックのQ1.1

それまで使用していた同社のGTローラーも併せて比較を。

GTローラー
images.jpg

メリット
高強度、インターバルの練習には向いている。無段階調整の負荷機能も優秀。
手放し運転や補給もしやすい。乗りながらなんでもできる。

デメリット
固定ローラーよりはマシだけど実走感は乏しい。特にダンシングは不自然。



Q1.1
Q11c.jpg

緊張感があるが、乗っていて固定より楽しい。
簡易負荷装置があるので、ある程度の強度は可能(後に発売予定の負荷機能が出るまでの繋ぎにしかならないが)
勾配をつけることができるので、登りの練習にも使える←これが購入時の決め手になった。
思っていた以上に静音性が高い。(洗濯マットの上に同社発のブルカットメタルを置いて使用)
折りたたみ可

デメリット
慣れてくるまではダンシングすると危ない。前に飛び出しそうになる。
気を抜くとバランスを崩すことがある。
固定に比べると補給はしにくい。


両方使った感想は使い分けるのが一番。
高強度インターバルやポジション出しはGT
ペダリングチェックやアクティブリカバリー、ヒルクライムやペース走ならQ1.1
なんだかなんだで実走するのが一番楽しいけど。


譜面台にタブレット置いていつでもZWIFT…って思ったが、肝心のタブレットの性能が低くZWIFTは無理そう。
ipad proとか高性能なタブレット置けばZWIFTもできてローラー環境は完備できるかな。
必要なのはあと高性能タブレット。それ買うならノートパソコンの方が安上がりかもしれないが、自分の汗で壊れる可能性も考慮して防水機能のあるタブレットが一番だろう。
54332.jpg
  1. 2016/12/27(火) 09:54:38|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機材のアップグレード

膝がまだ治らず自転車乗れないので機材アップグレード。


チタンボルト
DSC00912.jpg
DSC00913.jpg
βチタニウムのチタンボルトへ。
ターマックのステム周りに装着。メリットとして腐食防止、剛性、耐性強化、軽量化。
特にステム周りは汗で腐食しやすい部分なので効果は絶大。
遠目に見ても目立つが、陽極酸化されたマジョラーブルーの輝きがカッコいい。


ステム
DSC00914.jpg
RXRSのステムを130mmへ。
TIME純正のステムは柔らかいので、乗り心地が良くなる。重量は重いので軽量化には逆行するけど。
しかし、フレームサイズXSに対して130mmステムは自己主張が激しすぎる。全体のバランスを考えると3Tの細いステムのほうが良いかもしれない。
もうすぐフィッティング受ける予定で、これを変えられたらシャレにならんな…高かったし…。


コルクシート
DSC00916.jpg
DSC00917.jpg
新マビックのシューズ、サイズは合ってるんだけど自分の足幅が細く甲も低くってシューズ内で足がどうしても暴れてしまうので、厚みをつけるためにインソールの下に2mmの中敷き。ホームセンターで売ってるようなものじゃなく、折り曲げても破れないところがイイ。

  1. 2016/11/30(水) 23:31:03|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW TARMAC

4月4日の事故をきっかけに新しく乗り換えたNEWバイク。

40794.jpg

納車したので、早速昨晩牛滝TT5本。

1117,1143,1118,1125,1131

メーター無いのでパワー不明。強度は10分5倍を目標にしたけど実質4.8~5倍くらいか。

ポジションが出ておらず、バーテープも巻いていない。

乗り心地はTIMEに負けず劣らず良かった。重量は完全にこっちが軽い。

構成
フレーム:SW Tarmac
コンポ:9070 di2
ホイール:ROVAL
ハンドル:FSA
ステム:3T ±6℃ 130mm
サドル:SW Toupe
ボトル:Specialized
ペダル:SPeedplay
 
  1. 2015/05/29(金) 07:11:01|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チューブラー童貞

レース用ホイール、いわゆる決戦ホイールという位置づけのホイールを持っていない。

当然チューブラーは未経験。

レースオンリーなら性能でコスミックカーボンアルチメイトが最有力候補だったが、メンテナンスができない上、壊れたら一発で終わるのは財布事情的にも厳しい。

そこで次点候補がBORA35。用途から考えてBORA50は不要。

p_1262646.jpg


さらにOneかTwoか。2015年から表記はONE35かULTRA50。重量やリム幅の利点考えると自分は新型優位。

リム、スポークは同一、違いはハブがアルミかカーボンか、ベアリングがUSBかCultか。あとは重量差45g。

その差で価格差10万円程の開き。

購入後、追々ベアリングをCULTに変えるのは目に見えてるので、それなら初めからULTRAを買うほうが精神衛生上、良ろしい。

乗り込んでUSBベアリングをボロボロにしてからベアリング交換のタイミングでCULTに変えるのが経済的かな。

最も気になっているのはCULTベアリングの効果。空転させると凄いらしいが、実際に乗って走るとどう違いが出るのか不明。

今はレースで心置きなく使用でき、普段の練習でもガンガン使うならコストパフォーマンス考慮でONE35にしようかなという流れ。

非常に悩んで結論が出せず、中々購入に至らない。
  1. 2015/02/07(土) 07:08:04|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サドル探しの旅

今、色々なサドルをお試し中。
これまでにとっかえひっかえしたサドル遍歴を振り返る。

初代はプロロゴのスクラッチ
当時は硬く感じて坐骨が痛かった。剛ケツになった今は評価が変わるかも。滑り止め加工されてるタイプは気になる。
2011_0514服0015



2代目はフィジークのKurve(カメレオン)
2013_06_22_11_44_39.jpg
快適性は歴代NO1。カーボンレールだけど重い。
深い前傾姿勢とったときに尿道が痛くなってやめた。ロング行くなら今でもこれが一番いいと思っている。

3代目はセライタリアSLR TT
IMG_20130720_171309.jpg
非常に長い期間使用。軽量でしなりが丁度良い。レース向け。
伊吹山HC後に割れてご臨終。


4代目にフィジーク アリオネ
16376.jpg
カーボンレールで超軽量。
硬さは丁度良く、痛みもなかったけど途中で違和感感じたことがあって売ってしまった。少し後悔。
しなりが少なくパワーがダイレクトに伝わるので、クリテリウム等では使いやすかった。


5代目 セライタリア スーパーフロー
26683.jpg
現役。深い前傾姿勢が取りやすく、長時間乗っても痛みは出にくいが、快適では無かった。
でもレーパン無しでは乗れない。重いのとローラー時に違和感ある。

6代目 セライタリアSLR キットカルボニオ フロー
sadoru.jpg
現役。カーボンレールで超軽量
フィット感も良いが耐久性の無さとしなりによる長時間ライドで謎の疲労が少し気になっている。

今年に向けてサドルを変えようと一考。
以下のサドルを借りて順番にお試し中。
ボントレガー セラーノ (良くも無く悪くも無く)
ボントレガー パラダイムRL (抜群に良かったけど、尿道痺れたのでNG)
スペシャライズド ローミン (現在2度目の試乗中)
スペシャライズド トゥーペ (良くも無く悪くもなく)
フィジーク アンタレスVS (これから試していく)

でも結局はセライタリアSLRのフロー(廉価版)をもう一つ買いそうな気がする。
  1. 2015/02/03(火) 07:55:22|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レックマウント

レックマウント

以前
10626682_986116718072449_5113465479382100051_n.jpg


B2jrAFDCcAIJtAr.jpg

今までどこのメーカーも右側につけるタイプだったが、ついに左側が出た。

これでDI2サテライトスイッチに干渉せずに済む。

16 - 1

このレックマウント、アダプタを買って拡張すればライトもカメラもつけれて非常に便利。

マウント本体が重いので、軽さを重視するならお勧めはできないけど。

  1. 2014/11/16(日) 20:12:34|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ